ボトックス効果で思い通りの美容を実現【効果の高いプチ整形】

サイトメニュー

成分が落ち着くまで待機

女性

痛みは少ないがなくもない

ボトックス治療は、注射による治療です。特定の筋肉に成分を注入し、その部分の筋肉を縮小させることで筋肉太りの解消や小顔の効果を得られます。充分な効果を得るために、ボトックス治療を行なった後は過ごし方に注意しなければなりません。注意する点は主に3点です。ひとつは、治療直後に体をあまり動かさないことです。運動などはもちろんですが、横になるのも避けるのがよいです。ボトックス注射で注入した成分が、別の部位へ流動してしまう可能性があります。別の部位へ流れてしまうと無関係の筋肉にまで効果が現れ、予測していた結果と大きく異なってしまう危険があります。注入量によって定着するまでの時間は変動しますが、数時間は体を大きく動かさないよう注意しましょう。二つ目は、体温の上昇です。体温が上昇すると代謝が上がって血流がよくなり、成分が血液に乗って移動してしまう可能性があります。飲酒やサウナなども体温を上げてしまうので、治療後は控えるようにしましょう。三つ目は、圧力です。マッサージなど、注入部分に力や刺激を与えないようにしないと、成分がうまく定着しない可能性があります。顔に注入した場合は洗顔なども気を付けて優しく行ないましょう。ボトックス治療は注射ですので、針を刺す時と成分を注入する際に多少の痛みが生じます。使用する針は医療用で髪の毛より細いものが多いので、激しい痛みにはならないと思われます。点滴や採血などが問題なく受けられる人でしたら、恐れるほどではないでしょう。しかし、どうしても痛みが怖い場合は、局所麻酔を利用できます。麻酔をすることで効果が落ちるようなことはありません。クリニックによっては希望しなくても行なってくれるところもありますし、別料金で使用しているところもあります。気になる方は事前にホームページなどで確認しておくのをおすすめします。痛み自体は針を刺す時にチクッとした痛みがあり、次に成分が体内に侵入してくる圧迫されるような痛みがきます。局所麻酔をすることでボトックス治療中は違和感を覚える程度になりますが、麻酔が切れた後に痛みが残っている場合もあります。注入量が多い場合は痛み止めが処方されることもあります。また、針を刺すことによる内出血の症状が、数日間現れると思われます。時間が経てば治癒していくものですので、気になっても触ったり揉んだりしないようにしてください。効果が薄れたり、予測と異なる効果が現れたりする可能性があります。

Copyright© 2018 ボトックス効果で思い通りの美容を実現【効果の高いプチ整形】 All Rights Reserved.